フリーローンは、簡単な手続きで融資を受けることが可能です。

フリーローンとは、多目的ローンとも呼ばれ、金融機関等が取り扱う資金使途が自由なローンのことです。無担保型と有担保型タイプがあり、前者は趣味や旅行などに使える小口のローンであるのに対し、後者は相続資金や別荘購入などを対象にした大口のローンとなっています。

ただし、日常の生活資金として利用したり、ゴルフ会員権や株式購入資金に充てることはできないです。資金使途を証明する書類の提出は不要で、簡単な手続きで融資を受けることが可能です。即日で審査が終わるところもあり、無担保で連帯保証人も必要ないです。

フリーローンは使途が自由であるだけでなく、使い途を説明したり証明したりする必要がなく、限度枠内で繰り返し利用することができます。利用者の社会的信用性で利用することになり、貸付の限度額は最大でも数百万円と設定されています。目的別ローンと比較して金利が高く、中には15パーセント以上のものがあります。ただ、近年は10パーセントを切るものも出てきておりデメリットは解消されつつあります。

また、追加融資を受けようとする際には、再審査や再契約が必要です。金利が高めに設定されていることから、フリーローンを利用するときは、計画的に借入をすることが大事です。

http://xn--sdkzbjy4bdb.com/

 

所得証明書がいらないの!カードローンなのに?!

【100万円以下】所得証明書が不要なカードローン~所得証明なしで借りれる!~

所得証明書不要カードローンの利用が多くなってきていますが、これは高額利用でもない方にとってはありがたいことですね。所得証明書は会社勤務している人であれば源泉徴収票で可能ですが、自営業の人なら区役所に行って証明書をもらってくる必要があります。

これを用意するのは面倒だという人も多いはずです。高額な借入なら仕方ないにしても、そうでないならできるだけ余分な手間隙はかけたくないのは誰もが思うことです。この取り扱いは総量規制対象外になっている銀行カードローンに取り扱いが多いですね。

しかも最近では銀行の窓口に行く必要もなく、自宅からインターネットで融資の申込みができるのです。窓口に行く必要もないなら申込みをするにもためらいはないですね。

もちろん銀行系だけではありません。所得証明書不要の取り扱いは消費者金融系でも行なっています。

しかし、銀行ローンの方が安心感もありますし、なにより金利が低いというメリットがありますので、初めて利用される方には銀行系カードローンをお勧めします。

必要な書類は本人確認資料と呼ばれる運転免許証や健康保険証があれば簡単に申込みができます。

インターネットでの申し込みが可能なので24時間申込めます。ここで気をつけるべきことは、簡単に利用できますが、けりすぎには注意をして無理のない返済計画を立てるということです。

これが意外にも難しいのです。これがきちんとできなければ、最悪の場合は多重債務者となり、自己破産に追い込まれることもあります。