血圧を下げるポイント

健康診断で高血圧を指摘されても自覚症状がないので放置してしまうケースがあります。

高血圧と一口に言ってもその症状はわかりにくかもしれません。高血圧とは血管に高い圧力がかかることです。過度の圧力がかけられたものはどうなるか?破れてしまうのです。

高血圧の原因はさまざま、血がドロドロで血流がよくなかったり血管が詰まって細くなっていいるなどが挙げられます。

適切な治療をしないで高血圧を放置しておくと、動脈硬化を引き起こし脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性があります。

ですので高血圧と診断された場合には適切な治療を行い血圧を下げる必要があります。高血圧の治療は食事療法、運動療法、薬物療法があります。食事療法は塩分を控えた食事、バランスのとれた食事をすることが有効です。

塩分のとりすぎは血圧を上げてしまう原因なのでなるべく加工品の摂取を控えることがポイントです。家で料理をする場合は主食、汁物、主菜、副菜を揃えた食事を作りましょう。

汁物は塩分のとりすぎにつながる場合があるので具だくさんにすると塩分を控えることができます。運動療法は手軽にできるウォーキングがおすすめです。薬物療法は医師に適切な薬を処方してもらいましょう。

血圧を下げるサプリのおすすめを利用する際は薬との飲み合わせに注意する必要があります。高血圧の薬は特に注意です。成分の吸収がうまくいかない場合がありますし、薬が効きすぎてしまうこともあります。

 

なぜ機能性表示食品に着目すると良いか

健康が気になる時には、様々な製品が検討されます。時には、特定ブランドの商品が着目される事もあるのです。有名な株式会社から提供されている商品が検討される事もあります。

ただし製品を検討する際には、安全性が気になる事も多いです。健康の為の食品を摂取するのは良いですが、安全性などの問題もあるからです。そういう時には、機能性表示食品などに着目してみる手段があります。第三者機関などから評価されている食品を、選んでみる訳です。

日本の法律では、第三者から認められている食品に際しては、一定の評価が下されています。その結果、一部の食品に対しては、上記のように機能性と評価されている訳です。

つまりそのような評価を受けている食品を選べば、おおむね大丈夫であると判断できます。逆に、特に何も評価がない食品でしたら、若干のリスクもある訳です。ですから健康が気になる時には、上述の機能性の食品に着目してみる選択肢もあります。

高血圧の原因と改善法

高血圧とは、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧が90mmHg以上の状態のことをいいます。高血圧には、他の疾患や薬の副作用が原因で起こる二次性高血圧と、原因のはっきりしない本態性高血圧http://www.zorgnetwerk-flevoland.nl/の2種類があります。

日本人の約90%は原因のはっきりしない本態性高血圧だといわれています。高血圧の原因として考えられているのは、肥満や暴飲暴食、塩分のとりすぎ、喫煙、ストレスなどです。

高血圧には自覚症状はありません。高血圧をを放置していると、血管がもろくなってしまって動脈硬化を引き起こしてしまいます。そして脳や心臓などでさまざまな病気を引き起こしてしまいます。

脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞などです。血圧を正常にするためには、生活習慣の改善が必要になってきます。塩分を控えたバランスの良い食事の摂取をするようにしましょう。

飲酒をしている場合は休肝日を設けるようにしましょう。適度な運動も血圧を正常にするのに効果的です。

 

機能性表示食品のビフィックスを食べた時の血糖値

機能性表示食品であるビフィックスは、生きて腸まで届いて増殖する事で腸内環境を改善して便通やお通じの改善をしてくれます。

日本で初めてビフィズス菌が腸内で増殖する事を表示した、機能性表示食品です。機能性表示食品とは機能性を分からいやすく表示した食品の選択肢を増やして、消費者が正しい情報を得て選択出来るように平成27年に消費者庁が始めた制度です。

区分としては栄養食品になっていて、科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む食品であっても届け出をしなくて良いです。国が定めている表示で、機能性を表示出来るものです。

機能性表示食品が出来るまでは、栄養食品とだけ表記されていました。血糖値が急激に上がりにくくなっているので、メタボの人が食べても太りにくいです。

成分の中にGLP-1が配合されているので、血糖値が上がりにくいのです。毎日摂取をすると、内臓脂肪の蓄積を抑える事が出来ます。メタボで気になっている人は、毎日食べるのがお勧めです。

 

高血圧の食事療法で重要なのは食塩を控えること

高血圧は自覚症状がないのですが、放っておくと血管がもろくなり動脈硬化を引き起こしてしまいます。さらに脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまうリスクがあります。

高血圧と診断されたら、血圧を正常にするような治療が必要になります。治療には食事療法、運動療法、薬物療法があります。食事は食塩を控えたバランスの良い食事をするようにしましょう。

現代人に少なくない症状なので今は減塩でもおいしいメニューがたくさんあります。

バランスの良い食事とは定食のように主食、主菜、副菜が揃っている食事のことです。またカリウムを多く含む食事をとるようにしましょう。カリウムは体内のナトリウムを排出する効果があります。

カリウムは野菜などに多く含まれています。食事療法と平行して適度な運動を行うことも効果的です。

インターネットや雑誌などでは、高血圧に関するコラムも多いので治療中は参考にしてみるのもいいでしょう。