血圧を下げるポイント

健康診断で高血圧を指摘されても自覚症状がないので放置してしまうケースがあります。

高血圧と一口に言ってもその症状はわかりにくかもしれません。高血圧とは血管に高い圧力がかかることです。過度の圧力がかけられたものはどうなるか?破れてしまうのです。

高血圧の原因はさまざま、血がドロドロで血流がよくなかったり血管が詰まって細くなっていいるなどが挙げられます。

適切な治療をしないで高血圧を放置しておくと、動脈硬化を引き起こし脳出血や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性があります。

ですので高血圧と診断された場合には適切な治療を行い血圧を下げる必要があります。高血圧の治療は食事療法、運動療法、薬物療法があります。食事療法は塩分を控えた食事、バランスのとれた食事をすることが有効です。

塩分のとりすぎは血圧を上げてしまう原因なのでなるべく加工品の摂取を控えることがポイントです。家で料理をする場合は主食、汁物、主菜、副菜を揃えた食事を作りましょう。

汁物は塩分のとりすぎにつながる場合があるので具だくさんにすると塩分を控えることができます。運動療法は手軽にできるウォーキングがおすすめです。薬物療法は医師に適切な薬を処方してもらいましょう。

血圧を下げるサプリのおすすめを利用する際は薬との飲み合わせに注意する必要があります。高血圧の薬は特に注意です。成分の吸収がうまくいかない場合がありますし、薬が効きすぎてしまうこともあります。

 

なぜ機能性表示食品に着目すると良いか

健康が気になる時には、様々な製品が検討されます。時には、特定ブランドの商品が着目される事もあるのです。有名な株式会社から提供されている商品が検討される事もあります。

ただし製品を検討する際には、安全性が気になる事も多いです。健康の為の食品を摂取するのは良いですが、安全性などの問題もあるからです。そういう時には、機能性表示食品などに着目してみる手段があります。第三者機関などから評価されている食品を、選んでみる訳です。

日本の法律では、第三者から認められている食品に際しては、一定の評価が下されています。その結果、一部の食品に対しては、上記のように機能性と評価されている訳です。

つまりそのような評価を受けている食品を選べば、おおむね大丈夫であると判断できます。逆に、特に何も評価がない食品でしたら、若干のリスクもある訳です。ですから健康が気になる時には、上述の機能性の食品に着目してみる選択肢もあります。